新型シエンタ内見会

新型シエンタをタクシー車両として検討する事業者が増え、太陽交通でもタクシー改造業者による内見会を行いました。

高齢者の乗り込み高さを確認する堀部長

異種車両導入の理由

今まで小型タクシーとして最も多く導入された『コンフォート』が今年生産終了を向かえ、次世代タクシーの大型化が膝の悪い高齢者や狭小道路地域に向かない為、代わる小型車を模索している現実があります。

内見会では30万kmを超えて運行する車両の強化や座席と床を下げる低床化の開発を求めました。