行橋ふるさとカレンダー表彰式

カレンダーに採用された方々の表彰式に出席させて頂きました。

行橋ふるさとカレンダーとは市内の宣材写真を発掘する事を目的にプロアマを問わず行橋市の写真を募集しカレンダーとして公開するもの。
今年は川の多い行橋に架かる『橋』をテーマに募集し73枚の応募の中から6名7枚が選ばれました。受賞者には観光協会物産館より商品が送られています。


式典には新聞3社による取材があり、受賞者は撮影とインタビューを受けています。

カレンダーは行橋駅構内の物産コーナーにて500円で販売中です。

取材撮影

翌日掲載された新聞

朝日新聞

※著作のため拡大画像を付けておりません。

行橋ふるさとカレンダーとは

ふるさとカレンダーの馴れ初めは印刷業者が顧客への挨拶カレンダーとして配布したものが市長の目に留まり企画へと発展。当初は市の企画として制作し販売を観光協会に委託していたが、2016年に観光協会が社団法人として独立したため企画を譲渡し、前任職員による支援を続けながら協会内に設立された総務会員活性化広報部会が担当した。初期300円で発売していたカレンダーは商品としてのグレードアップと自走式を目指す協会の利益を考慮し500円で販売。
当社も所属している総務会員活性化広報部会は行橋グルメマップなども担当している。

関連情報

行橋ふるさとカレンダー写真選考会