前へ
次へ

第3回 交通事故とは

事故はタイミング

画像事故防止のスローガンでよく「交差点事故をなくそう!!」と言います。 では、事故と交差点の関係はどうなっているのでしょう。
●交差点とは道路が交差する所の意味です。
●では、事故とは何か?
別の言い方をすれば車が車(大半)と衝突あるいは接触することであり、交差すると言う意味なのです。 左図の様に道路が交わる所でしか、おおむね車は交差しないのが常識です。田んぼの中から急に車が出てくることは非常にまれです。 逆の言い方をすれば「交差点とは道と道とが交差するところであり、車と車が交差する(ぶつかる)所なのです」 交差点事故がなぜ多いのだろうか?と考える人がいるが、交差点事故が多いのは上記の意味からも当たり前(当然)なのです。 では、どうすれば良いかを考える対策です。車と車が交差するタイミングをずらす事です。
@信号機  A一旦停止  Bカーブミラー
この3つの目で見る方法によって、どちらか一方を止めたり、スピードダウンして同時に交差点を通過しない様にしているのです。
将来は、車や自動車がどちらかが交差点に近づくと、自動的(センサー。今、玄関に人が近づくとパッと電灯がつくような)他の3つの方向の交差点の何らかの安くて、便利なものが開発されると、事故が激減するであろう
Tweet

Topic