前へ
次へ

第5回 事故はウラ道でで起こる

ウラ道に潜む心の危険

画像目的地までの道が幾通りかある場合、通常は幹線(広い道)を選択する場合が多いと思います。しかし、時間がない場合(急いでいる場合)は多少狭くても混雑していない道を通ろうとします。又、渋滞が起こった場合なども急いで横のウラ道を貫けようとします。
このときの心の有様が危険なのです。
わざわざ廻り道を選んだのだから、今まで通ってきた道を通っているあの車(前後にいた車)寄りも早く合流する所で会わなければ何のためにワザワザ…。あの車に勝たなればという変な競争心が、一方的に(向こうは何とも思っていないのに…)に生まれて来ます。この心の動きがアセリを生み、ついつい速度が増すし、注意が疎かになり狭い路地や家の玄関から突然事故相手が現れるのです。これで、事故にでもなれば、それこそあの車に笑われてしまいます。
急ぐ気持ちで、ウラ道や廻り道をする場合はそういう気持ちになるものだと解った上で、細心の注意を払う必要が有ります。
Tweet

Topic