前へ
次へ

第9回 夜間距離は多めに

様々な情報が解り安全運転にも役立つ

画像私は、車間距離を一般の人よりも多目にとっています。 その理由は、前の車の動静に気を使う緊張を出来るだけ少なくしたいからです。そうする事により「よそ見」や「脇見」が出来るので、様々な情報が解り、安全運転にも役立つし、仕事の上でも参考になる物もたくさん発見出来ます。前ばかりを見ているとかえって疲れが増す様な気がします。 「よそ見」や「脇見」が前方不注意という風な言われ方をしますが、車間距離さえとっていれば、95%は前の車が前方注意してくれますので、残りの5%の前方と、周囲の色々な物に目をやった方が安全が増すのです。前の車が横から出て来る人に気づかず、後続の私が先に気づきクラクションを鳴らして、前者がブレーキをかけ、出て来た人も停止したという事が何人か経験しています。他人の力を利用すれば、このような余裕も持てて疲れないで、しかも安全な運転も出来るのです。 特に長距離運転の場合はなおさらです。
Tweet

Topic